2016年01月12日

☆★☆エルメス グリーン コインケース☆★☆

☆★☆エルメス グリーン コインケース☆★☆

☆★☆エルメス グリーン コインケース☆★☆
掲載時の入札価格は、3,400円。
入札数は、30件です。

2016年01月12日 22時59分が終了予定ですが
即決などもあるかもしれません。

>> ☆★☆エルメス グリーン コインケース☆★☆の最新情報はクリックしてご確認をお願いします。

エルメス コインケース グリーン!   姑に頂いたのですが・・・全く使いません。 姑が時々使用していた物なので、若干の使用感はあり。 USED品とご理解の上ご入札ください。 写真で確認の上、ノークレーム・ノーリターンでお願いしますm(__)m   終了間近の質問は仕事上お答えし兼ねますので、ご遠慮ください。 神経質な方はご遠慮ください。  

【入札数】30


>>詳しい情報はこちら(☆★☆エルメス グリーン コインケース☆★☆)

エルメスについて

ウィキペディアより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%B9

エルメスの概要

エルメス (Hermès) は、フランスのエルメス・アンテルナショナル社 (Hermès International, S.A.) が展開するファッションブランド、商標である。エルメス社は馬具工房として創業したが、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功した。現在でも馬具工房に由来するデュックとタイガーがロゴに描かれている。デュックは四輪馬車で、タイガーは従者のこと。主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためである。

エルメスの歴史

エルメス社の母体になったのは、ティエリー・エルメス(Thierry Hermès, 1801年 - 1878年)が1837年にパリに開いた馬具工房である。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展した。ティエリーの孫にあたる3代目のエミール=モーリス(モリス)・エルメス(Émile-Maurice Hermès, 1871年 - 1951年)は事業の多角化に着手した。1892年には、馬具製作の技術を基にエルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(オタクロワ)(sac haut-à-courroie, 現在の名前はオータクロアまたはオタクロワ))を製作。1927年に腕時計を発表。さらに服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になった。1980年代から1990年代にかけエルメス社はシャツや帽子を発注していた会社を次々と買収したが、リシュモン系列(カルティエ・クロエなど)やLVMHグループ(ルイ・ヴィトン・フェンディなど)の買収戦略と異なり、職人技の維持を第一目標にしてのものであり、そのため買収対象は比較的小規模の会社にとどまっている。エルメスと資本関係のあるブランドには、食器のサンルイ、ピュイフォルカ、英国靴のジョン・ロブなどがある。エルメス社が1997年に初めて作った社史は漫画形式で、日本の漫画家竹宮惠子に依頼して制作された。日本では『エルメスの道 LE CHEMIN D'HERMÈS』として中央公論社より刊行されている。2004年マルタン・マルジェラの後継として、ジャン=ポール・ゴルチエがデザイナーに就任。2004年のパリ・コレクションではエルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつ、オレンジ・黒を中心とした鋭角的でかつブランドの風格を意識したデザインを発表した。クリストフ・ルメールに代わり、2015-16秋冬コレクションより、ナデージュ・ヴァネ=シビュルスキーがアーティスティックディレクターを務めている。

日本におけるエルメス

1960年代初めより日本に於ける元祖セレクトショップである銀座のサン・モトヤマが輸入販売を行っていたが、日本初の直営店は、1978年に東京・丸の内に開店したブティックである。エルメスの日本法人であるエルメスジャポン株式会社は1983年にエルメス・インターナショナルと西武百貨店との合弁で設立されたが、後にエルメス・アンテルナショナルの完全子会社となった。現在では西武系に限らず、大手百貨店の主要店には比較的多く出店している。2001年6月28日には、日本での旗艦店「メゾンエルメス」(en:Maison Hermès) を東京・銀座の晴海通り沿いにオープンしている。外壁に450mm角のガラスブロック13,000枚を張りめぐらした11階建てのビルで、レンゾ・ピアノの設計による。ブティックのほか、製品の修理工房、ギャラリー、パリ以外では初となるエルメス社常設ミュージアム、そしてエルメスジャポンの本社が入居する。広告などのメディア関連事業はパブリシス・電通と契約して行っている。純広告のビジュアルには「Publicis EtNous」と記載されている。


posted by エルメスボリードを買うときに管理人 at 14:11| 日記

バーキン40 トリオン 美品

バーキン40 トリオン 美品

バーキン40 トリオン 美品
掲載時の入札価格は、80,000円。
入札数は、16件です。

2016年01月17日 20時08分が終了予定ですが
即決などもあるかもしれません。

>> バーキン40 トリオン 美品の最新情報はクリックしてご確認をお願いします。

ご覧いただきましてありがとうございます。   エルメス バーキン40 美品でございます。   □A 97年製 化粧箱、カデナ、保存袋 ゴールド   個人売買ですので、消費税は不要です。   未使用ではございませんが、保護シールを付けたまま使用していたので、そのまま貼ってあります。 型崩れも一切なく、角スレもございません。   底鋲は通常に使っていました。   写真を多数アップしていますので、外部倉庫をご確認ください。 https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-iw6jbratc2hshvze4cyi7azxq4-1001&uniqid=bab8534b-5548-4861-a94b-cbf0d1871b64   サイズ 約40cm×28cm マチ21cm (素人計測ですので多少の差異はご了承ください)   本物ですか?等のご質問は一切スルーいたします。 ついでにブラリ入り確定です。   最落は非公開です。(周辺の質屋さんの買取の値段です)   高額なお品物ですので、いたずら入札には、ID名義様に責任を取ってもらいます。   出品者様で、いたずら入札でお困りの方、口座、給料、動産の差し押さえ、切り取り出来ますので、ご相談くださいませ。(海外対応可能。有料。)   送料は 本州・四国・九州→870円
北海道→1840円
沖縄本島→2940円
離島→お問い合わせください。 同梱は可能でございます。  発送方法は佐川急便になります。 佐川急便以外での発送をご希望の方は、入札をお控え下さい。 ノークレームノーリターンでお願い致します。   ※重要 昨今、次点落札者様に当方を騙り、偽りの取引を持ちかける事案が発生しております。 特に高額商品に関して、詐欺まがいの行為が横行しているとの事です。 当方では、ヤフーオークションを介さず、直接ご連絡することはございませんので、ご注意ください。  

【入札数】16


>>詳しい情報はこちら(バーキン40 トリオン 美品)

エルメスについて

ウィキペディアより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%B9

エルメスの概要

エルメス (Hermès) は、フランスのエルメス・アンテルナショナル社 (Hermès International, S.A.) が展開するファッションブランド、商標である。エルメス社は馬具工房として創業したが、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功した。現在でも馬具工房に由来するデュックとタイガーがロゴに描かれている。デュックは四輪馬車で、タイガーは従者のこと。主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためである。

エルメスの歴史

エルメス社の母体になったのは、ティエリー・エルメス(Thierry Hermès, 1801年 - 1878年)が1837年にパリに開いた馬具工房である。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展した。ティエリーの孫にあたる3代目のエミール=モーリス(モリス)・エルメス(Émile-Maurice Hermès, 1871年 - 1951年)は事業の多角化に着手した。1892年には、馬具製作の技術を基にエルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(オタクロワ)(sac haut-à-courroie, 現在の名前はオータクロアまたはオタクロワ))を製作。1927年に腕時計を発表。さらに服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になった。1980年代から1990年代にかけエルメス社はシャツや帽子を発注していた会社を次々と買収したが、リシュモン系列(カルティエ・クロエなど)やLVMHグループ(ルイ・ヴィトン・フェンディなど)の買収戦略と異なり、職人技の維持を第一目標にしてのものであり、そのため買収対象は比較的小規模の会社にとどまっている。エルメスと資本関係のあるブランドには、食器のサンルイ、ピュイフォルカ、英国靴のジョン・ロブなどがある。エルメス社が1997年に初めて作った社史は漫画形式で、日本の漫画家竹宮惠子に依頼して制作された。日本では『エルメスの道 LE CHEMIN D'HERMÈS』として中央公論社より刊行されている。2004年マルタン・マルジェラの後継として、ジャン=ポール・ゴルチエがデザイナーに就任。2004年のパリ・コレクションではエルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつ、オレンジ・黒を中心とした鋭角的でかつブランドの風格を意識したデザインを発表した。クリストフ・ルメールに代わり、2015-16秋冬コレクションより、ナデージュ・ヴァネ=シビュルスキーがアーティスティックディレクターを務めている。

日本におけるエルメス

1960年代初めより日本に於ける元祖セレクトショップである銀座のサン・モトヤマが輸入販売を行っていたが、日本初の直営店は、1978年に東京・丸の内に開店したブティックである。エルメスの日本法人であるエルメスジャポン株式会社は1983年にエルメス・インターナショナルと西武百貨店との合弁で設立されたが、後にエルメス・アンテルナショナルの完全子会社となった。現在では西武系に限らず、大手百貨店の主要店には比較的多く出店している。2001年6月28日には、日本での旗艦店「メゾンエルメス」(en:Maison Hermès) を東京・銀座の晴海通り沿いにオープンしている。外壁に450mm角のガラスブロック13,000枚を張りめぐらした11階建てのビルで、レンゾ・ピアノの設計による。ブティックのほか、製品の修理工房、ギャラリー、パリ以外では初となるエルメス社常設ミュージアム、そしてエルメスジャポンの本社が入居する。広告などのメディア関連事業はパブリシス・電通と契約して行っている。純広告のビジュアルには「Publicis EtNous」と記載されている。


posted by エルメスボリードを買うときに管理人 at 10:22| 日記

2016年01月11日

1円 エルメス キャンバス ボリードポーチ 化粧バッグ 赤系

1円 エルメス キャンバス ボリードポーチ 化粧バッグ 赤系

1円 エルメス キャンバス ボリードポーチ 化粧バッグ 赤系
掲載時の入札価格は、560円。
入札数は、3件です。

2016年01月11日 22時23分が終了予定ですが
即決などもあるかもしれません。

>> 1円 エルメス キャンバス ボリードポーチ 化粧バッグ 赤系の最新情報はクリックしてご確認をお願いします。

・商 品 名 1円 エルメス キャンバス ボリードポーチ 化粧バッグ 赤系 ・コンディションランク 総合評価Dファスナーに内布が引っかかる、破れ等ダメージがございますが、ご使用には問題のないお品でございます。 ランク表記については下記を参照ください。(当店基準による評価となります。参考程度としてお考えください。) セット商品につきましては、平均的なランクとなります。採寸、状態につきましても一部のみ、もしくは省略とさせていただきます。 N 新品 C 傷や汚れの目立つ中古品 S 未使用品・未開封品 D 一部難ありの中古品 A 非常に綺麗な中古品 E ジャンク品・部品取り B 一般的な中古品     ・採 寸 (cm) 色赤系開閉タイプファスナー素材キャンバスシリアル・刻印-ショルダー-年代-ハンドル-保存袋-高さ13元箱-幅20ギャランティ-奥行き6鍵-収納/外側-錠前-収納/内側-その他付属品-

【入札数】3


>>詳しい情報はこちら(1円 エルメス キャンバス ボリードポーチ 化粧バッグ 赤系)

エルメスについて

ウィキペディアより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%B9

エルメスの概要

エルメス (Hermès) は、フランスのエルメス・アンテルナショナル社 (Hermès International, S.A.) が展開するファッションブランド、商標である。エルメス社は馬具工房として創業したが、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功した。現在でも馬具工房に由来するデュックとタイガーがロゴに描かれている。デュックは四輪馬車で、タイガーは従者のこと。主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためである。

エルメスの歴史

エルメス社の母体になったのは、ティエリー・エルメス(Thierry Hermès, 1801年 - 1878年)が1837年にパリに開いた馬具工房である。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展した。ティエリーの孫にあたる3代目のエミール=モーリス(モリス)・エルメス(Émile-Maurice Hermès, 1871年 - 1951年)は事業の多角化に着手した。1892年には、馬具製作の技術を基にエルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(オタクロワ)(sac haut-à-courroie, 現在の名前はオータクロアまたはオタクロワ))を製作。1927年に腕時計を発表。さらに服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になった。1980年代から1990年代にかけエルメス社はシャツや帽子を発注していた会社を次々と買収したが、リシュモン系列(カルティエ・クロエなど)やLVMHグループ(ルイ・ヴィトン・フェンディなど)の買収戦略と異なり、職人技の維持を第一目標にしてのものであり、そのため買収対象は比較的小規模の会社にとどまっている。エルメスと資本関係のあるブランドには、食器のサンルイ、ピュイフォルカ、英国靴のジョン・ロブなどがある。エルメス社が1997年に初めて作った社史は漫画形式で、日本の漫画家竹宮惠子に依頼して制作された。日本では『エルメスの道 LE CHEMIN D'HERMÈS』として中央公論社より刊行されている。2004年マルタン・マルジェラの後継として、ジャン=ポール・ゴルチエがデザイナーに就任。2004年のパリ・コレクションではエルメスの伝統である馬具・皮革製品を意識し、伝統に配慮しつつ、オレンジ・黒を中心とした鋭角的でかつブランドの風格を意識したデザインを発表した。クリストフ・ルメールに代わり、2015-16秋冬コレクションより、ナデージュ・ヴァネ=シビュルスキーがアーティスティックディレクターを務めている。

日本におけるエルメス

1960年代初めより日本に於ける元祖セレクトショップである銀座のサン・モトヤマが輸入販売を行っていたが、日本初の直営店は、1978年に東京・丸の内に開店したブティックである。エルメスの日本法人であるエルメスジャポン株式会社は1983年にエルメス・インターナショナルと西武百貨店との合弁で設立されたが、後にエルメス・アンテルナショナルの完全子会社となった。現在では西武系に限らず、大手百貨店の主要店には比較的多く出店している。2001年6月28日には、日本での旗艦店「メゾンエルメス」(en:Maison Hermès) を東京・銀座の晴海通り沿いにオープンしている。外壁に450mm角のガラスブロック13,000枚を張りめぐらした11階建てのビルで、レンゾ・ピアノの設計による。ブティックのほか、製品の修理工房、ギャラリー、パリ以外では初となるエルメス社常設ミュージアム、そしてエルメスジャポンの本社が入居する。広告などのメディア関連事業はパブリシス・電通と契約して行っている。純広告のビジュアルには「Publicis EtNous」と記載されている。


posted by エルメスボリードを買うときに管理人 at 16:22| 日記